忍者ブログ

contents

blog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冬コミは申し込みはしていませんが、
もしかすると知り合いのところでコピー本を置いているかも?
最近は結構アニメを観ています。
Steins;Gate、Fate/Zero、イカ娘、はがない、未来日記、あの花etc...
シュタゲやFateはさすがのおもしろさですねw
でも、はがないが結構好きですねー。
はがないが面白いっていうか、マリア先生が可愛いっていうだけなんですけど。
そんな訳で時間とスペースが許せば、マリア先生といちゃいちゃする本でも出せればなぁーって思います。

それとは別に、BabyPrincess関連で一つ合同誌に参加しました。
まだ公式サイトが開いていないので告知はもうちょっとお待ちを。



最近はDTMを始めようとあれこれやってます。
ちょっと前からどういう構成にしようか迷っていましたが、
アレコレ考えて「DTMもするけど、楽器は楽器でPCなしでも動くようにしたい」という事で
スタンドアローンで動くオーディオI/Fを調べる所から始まりました。
で、最初にオススメされたのがRMEのFireFace800という20万近い代物…。
オーディオI/Fだけでそんな金は払えない!ってことで色々と調べても、
中々スタンドアローン環境で動くオーディオI/Fはなく…。
諦めていた所で見つけたのが、オーディオI/Fではなく、
オーディオI/F内蔵ハードシンセ、RolandのSonicCell。
ハードシンセなので当然スタンドアローンで動き、
しかもハードシンセなので音の拡張も出来るという代物。
お値段も7万円程度と、安くはないがRMEよりも全然安く、
しかも音源付きと言うことで思わず飛びつきましたw
更に副産物的ではありますが、SonicCell用のピアノの音色拡張ボードも手に入り、
これによって、鍵盤を買う上で鍵盤付属の音色に拘る必要がなくなりましたw

さて、これからスピーカーと鍵盤をそろえなければなりません。
スピーカーは決めてあります。
YAMAHAのMSP5 STUDIO。
問題は鍵盤。
88鍵のピアノタッチに拘りたかったのですが、中々良い物がない。
あまり予算を割けないのに、安い物はどうしても鍵盤の質が悪んです…。
ある程度となると最低でも15万の上位機種を買わねばならないらしく。
そんな中、低価格帯なのに上位機種と同じ鍵盤を使用している製品を発見。
KORGのSP-250。
デザインがダサいのが気になりますが、タッチは10万以下とは思えない出来で評判が良いそうです。
スピーカーや音色は微妙みたいですが、その辺はSonicCellとMSP5があるので問題なし。
とりあえずこれで、DTM始める前の準備段階である、とりあえず鍵盤環境を整える所までは行きそうです。


その後は新しくDTM用のPCを組んで…DAWはSONARで行きます。
あとはいろんなコントローラーやらプラグインやらソフトシンセを揃えたり…。
まぁそれ以前に作曲やら音楽の本をきちんと読みつつ理論と感性を磨かないとですねー。

がんばるぞー。
PR
この記事にコメントする

名前

コメントタイトル
テキストの色
メールアドレス
URL
コメント
テキスト  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
忍者ブログ [PR]